サイトへ戻る

オンラインイベント「日本スタートアップの海外市場挑戦 ~フランス VIVATECHNOLOGY編~」を開催しました

· Vivatechnology,Startup,イノベーション,フランス

2021年3月16日(水)

2020年から続いている新型コロナウイルス蔓延による影響で、様々な産業における取り組みに大きな変化が生じました。特にWithコロナ時代の急速に進んだオンライン範囲の拡大によって、ビジネスの商談やハードルの大きな要因である物理的な距離が解決されるきっかけを感じる方も多いのではないかと感じます。

スタートアップを取り巻く環境も、変化があった一年だったと感じます。例えばスタートアップ支援を行うプログラムや取り組みなどもオンラインに移行するところも多い印象でした。依然として物理的な活動の制限によって、理想通りに事業やビジネスを行うということがスタートアップ企業の方々には難しい現状ではありますが、このオンライン化によってグローバルで挑戦するということのハードルが若干下がったのではないでしょうか?

まだまだ新型コロナウイルスの脅威は去っていない状況ではありますが、近いAfterコロナの時代に向けて、世界に挑戦するということを見据えても良いタイミングではないかと考えるスタートアップ企業の方々もいらっしゃると思います。

今回はフランスのVivatechnologyというイノベーションの祭典を、スタートアップ企業の方々の挑戦機会として、取り上げていきたいと思います。イベント自体は6月に開催するものであり、そして現在祭典に出展するグローバルトップの大企業が世界中のスタートアップとの協業を募集しており。日本のスタートアップ企業の方々にとっては挑戦するという方々にとっては興味深い取り組みです。

Vivatechnologyとは何か?日本のスタートアップが挑戦するメリットあるのか?

本オンラインイベントでは、実際にVivatechnologyに挑戦された日本スタートアップ企業や組織の皆様をお招きし、挑戦の経緯や、その結果、そしてフランスで日本スタートアップが挑戦すること、世界で挑戦すること、その魅力とメリットデメリットをお伝えしました。

※当日の内容や詳細についての問い合わせは、問い合わせフォームよりその旨をお伝えください。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK